空気をファッションにするウェアラブルデバイス

特願2019-094941

中山 桃歌
CDC
クリエーティブテクノロジスト

空気の流れを使って、動きをまとうことができるプロジェクトが「we-air-ing」です。
スカートを履いたことがある人ならやったことがあるかもしれない、扇風機をスカートでおおって膨らますこと。それはまるで自分の体型が変わったようにも感じ、自分が思うものとは違う動きをする衣服に魅了されました。
そんな経験から生まれたこのプロジェクトでは空気の変化を生むブロワーを体に取り付けて衣服に動きを与えます。
現在は加速度センサを腕にとりつけて、からだの動きと空気の動きが連動する設計にしていますが、今後は様々なセンサに展開することで様々な変化を空気の動きへ、さらに衣服の動きまで変換することを考えています。
いずれ空気による動きすらもファッションの一部となるかもしれません。
https://vimeo.com/307176215

PRODUCT DESIGN SCHOOL 2018