遊べるダンボールベッド 「Playful Bed」

大瀧 篤
第2CRプランニング局
コミュニケーションデザイナー
クリエーティブ・テクノロジスト

「遊び疲れて、眠ろう。」
睡眠や遊びが制限されている子供たちがいる。たくさん遊んで、運動して、眠る。
そんな子供の本来あるべき生活を、避難所生活を送る子供たちに届けたい。
被災地の避難所生活をしている子供たちに向けて、
昼は多様なゲームフィールドに、夜はベッドになる「Playful Bed」を作りました。
エアホッケーのステージが裏返すだけでベッドに。
シーツを変えるように段ボールを変えれば、清潔かつゲームも新しくなる。
カーリングのコートデザインになっていたり、
卓球コートのデザインになっていて「遊び続ける」ことができます。



RECENTLY WORKS