時間を体感するコースター 「水時計」

沓掛 光宏
第2CRプランニング局
アートディレクター

カフェで長居する迷惑客を減らそう。
滞在時間を視覚化するプロダクト。
近年、カフェ環境が無線LANなどで快適になり長時間利用により客回転が悪くなり、店の売り上げにも影響してくる。
原因は時間感覚の麻痺。それを解決できないか考案した。
このコースター「水時計」は冷水やジュースなどのグラスから出る結露による水分の浸透度によって時間の経過を約10分から最大約100分まで、滞在時間を体感できる新しいプロダクトである。







PRODUCT DESIGN SCHOOL 2019